スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    cuocaチョコマフィンミックスを使ってみました【後編】

    2015.07.04.Sat.20:19
    クルミ入りココアマフィン

    前編から半年も経ってしまいましたが、クオカさんのチョコマフィンミックスとの戦い後編です。
    私が何と戦っているのかわからない方は前編からご覧いただければと思います。
    ここからミニマフィン用の型が導入され、写真撮影の環境がちょっとだけ変わりました。
    変わったとか言うわりには代わり映えのしない写真が並んでおりますが、撮っている人の腕が変わらないので仕方ありませんね。
    長めの文章も久々に書いているので、おかしなところが多々あると思いますが、どうぞお時間のあるときにでもお付き合い下さいませ。
    今回のはどれもおいしくできたので、分量も残しておきますね。



    ・第四章 ~常備してる人ってあまりいない気がする~
    ココナッツ入りココアマフィン
    前回はフルーツの香りだったので、今度はナッツ系の香りはどうだろうと考えました。
    すでにアーモンドプードルは入っているのですが、それにココナッツファインを加えて食感もプラス。
    牛乳もココナッツミルクに替えて、これでもかと言わんばかりにココナッツマフィンです。
    これが正解でした!ココナッツ大勝利です。
    相性がいいのか、香料の嫌な香りがそれほど気になりません。
    しゃりしゃり食感も楽しく、旦那も「これまでで一番うまい」と高評価でした。
    しかしこのマフィンには欠点がありまして、ココナッツミルクが中途半端に余るんですね。
    私はシフォンケーキとパウンドケーキにも加えて使いきりましたが、そんなにケーキばかり焼いてられないわ!という方は、カレーにでもぶち込んで下さい・・・。

    【分量】チョコマフィンミックス150g/アーモンドプードル30g/ココナッツファイン30g/ココナッツミルク50g/サラダオイル45g/卵L寸1個


    ・第五章 ~絶対的救世主現る!~
    ラムレーズン入りココアマフィン
    以前のグランマルニエモッタイナイ事件を踏まえて、じゃあラム酒はどうだろうと作ったのがこれです。
    この写真だとボコボコした不格好なココアマフィンにしか見えませんが、ラムレーズンが入ってます。
    飾り用に取り分けるのを忘れて、全部混ぜ込んでしまったのでした。
    そして決定的なのが、サラダオイルに替わって溶かしバターを入れたこと!
    これは本当に効果がありました。
    ココナッツミルクが大勝利なら、溶かしバターは完全勝利って感じです。完封です。
    アーモンドプードルや牛乳、ラム酒の効果もあるとは思いますが、何もないって方はとりあえず油をバターにしてみると良いかもしれません。
    バターを溶かして加えるだけで、作り方は同じですので。
    全6回作った中で、個人的にこれが一番おいしかったと思っています。

    【分量】チョコマフィンミックス170g/アーモンドプードル30g/牛乳40g/溶かしバター45g/卵L寸1個/ラムレーズン60g


    ・第六章 ~これが最終形態だ~
    クルミ入りココアマフィン
    最終形態というか、集大成というか、とにかく最後に作ったものがこちらです。
    今まで中途半端な分量を使ってきたツケといいますか・・・おそらくクオカさんの方でも1kgより多めの分量の粉を入れて下さっている分もあるのでしょうが、残りのミックス粉が155gという微妙さでした。
    色々と悩んだ末に、残りの45gは王道のアーモンドプードルで埋めることにしました。
    でもそうするとココア感が薄いかなー?という気がしたので、ココアパウダーも5g足してみることに。
    水分は牛乳、油は前回の勝利条件である溶かしバターという鉄板レシピです。
    これで匂うはずがない!という自信があったので、他に合わせるのはクルミだけにしました。
    ミックス粉が少ないので膨らまない心配がありましたが、問題なく膨らみました。
    味も文句なくおいしかったです。

    【分量】チョコマフィンミックス155g/アーモンドプードル45g/ココアパウダー5g/牛乳40g/溶かしバター45g/卵L寸1個/クルミ60g



    以上で私とチョコマフィンミックスとの戦いは終了です。
    まとめとしては「ミックス粉を減らすほど香料の匂いは減る」のは当たり前ですね。
    袋には200gで作るレシピが載っていますが、150gまで減らしても膨らみには問題がないと思われます。
    その分をアーモンドプードルやココアパウダーで埋めると風味良く、濃厚さも出ます。
    ・・・が、そこまで細かく材料を用意して計量するのであれば、そもそもミックス粉を使わない方がいいんじゃないかという考えもありますよね。
    なので、オススメは水を牛乳に、油を溶かしバターにすることです。
    そして香りの強いフルーツやナッツを混ぜ込めば、見た目にも華やぎますし、食感も楽しくなります。
    市販のお菓子にも負けない仕上がりになる・・・かも、しれません。なっているといいな。

    いやあ、しかし最初はどうしたものかと途方に暮れましたが、色々と試しているうちに楽しくなってきて、今では更なる研究のためにもう1kgぐらい購入しても良いんじゃないかと思うほどになってしまいました。
    いや、やりませんが。やりませんよ!!


    スポンサーサイト

    cuocaチョコマフィンミックスを使ってみました【前編】

    2015.02.13.Fri.01:01
    オレンジピール入りココアマフィン

    バレンタイン前日となりましたが、今回はクオカさんのチョコマフィンミックスを試してみました。
    まあ、実際に試したのは去年のバレンタインくらいの時期なんですけどね!
    写真整理してたらいくつか作ったやつがでてきたので、まとめて感想など残しておこうかなと思いまして。
    以下、似た様な写真が続きますが、別の日に撮った、別のマフィンです。


    ・第一章 ~最初にして最大の敵登場~
    レシピ通りのチョコマフィン
    まずはパッケージに書いてある通りの材料・分量で、そのまま作ってみました。
    卵と水と油と粉をボウルにじゃんじゃん入れて混ぜるだけ!
    とっても簡単に、ふっくらマフィンが焼けました。
    多分、焼く時間含めて30分くらいしかかかってません。
    食べたくなったらすぐ作れる手軽さは、さすがのミックス粉です。
    65ml程度のマフィンカップで6個作れました。
    そして肝心なお味ですが・・・うん。ミックス粉の味がします。
    香料ですかね?独特の、人工的な香りがすごく強いです。正直、苦手です。
    香りが・・・強すぎて(臭いと書きたいのをこらえてます)味がよくわかりません。
    これはさすがに、食べたくなっても作りたく、ない、です。すみません。
    しかし、手元に届いたミックス粉は1kg。まだ残っているのです。
    ミックス粉とはいえ、れっきとした食べ物。食べ物は粗末にしてはいけません。
    私はどうにかこれを食べきらねばならないのです。
    見てろよ、オレは必ずオマエをおいしく調理して、克服(倒)してみせる!!
    こうして私のクオカチョコマフィンミックス探求の旅が始まったのでした。

    あ、ちなみに臭くて(書いちゃった)食べられないのは私だけで、旦那は「ちょっと気になる程度で普通に食べられるよ」とのことです。
    当たり前ですが、どうやら個人差があるようです。


    ・第二章 ~ほかほかチョコチップはうまい~
    チョコチップ入りココアマフィン
    とりあえずクオカさんのページにあるクチコミを参考にします。
    粉の一部をアーモンドプードルにして、水を牛乳にすると良くなるようです。
    参考になったクチコミには、惜しみなく「参考になりましたか? はい」をポチります。ありがとうございます。
    200g使う粉のうち20gをアーモンドプードル、水を牛乳に換えてみました。
    ついでにチョコチップを追加します。
    メモを残さなかったので正確には何グラム入っているかわかりませんが、多分50gくらいだと思います。
    そして焼きたてを食します。半溶けのチョコチップうめー!
    焼きたてマフィンは温かくて柔らかくてチョコが半溶けで(板チョコだと全溶けでドロドロになっているので違う。それはそれで美味しいですが)とっても幸せになれます。
    え?匂いですか?香料臭いです。
    でも、レシピ通りに作るよりはなんぼかマシでした。食べられます。チョコチップがあれば。
    チョコチップをむさぼりながら考えたのは、おそらく匂いを消すのは無理なので、もっと香りの強いものを加えてごまかすのが正解なのかなあということでした。


    ・第三章 ~秘技・mottai-nai発動!~
    オレンジピール入りココアマフィン
    そんなわけで前回に引き続き水を牛乳に、アーモンドプードルは30gに増やし(ミックス粉は170g)、刻んだオレンジピールを60gほど加えてみました。
    オレンジの香りで香料臭さを和らげよう作戦です。
    オレンジつながりでグランマルニエでも入れれば、もっと良かったと思うのですが・・・一丁前にちゃっかり常備はされているのですが・・・ほらアレってちょっとお高いじゃないですか。
    なんというか、その。出し惜しみしました!すみません!!
    使わなきゃ意味がないのに勿体なくて使えないのは、私の貧乏性のなせる技です。
    結果として、やっぱり使ってみればよかったなあというのが正直なところ。
    ですが!なくても充分美味しい!!
    アーモンドプードルを増やした(ミックス粉を減らした)のも効いていると思うのですが、やはり功労者はオレンジピールだと思います。
    香料がオレンジの香りに紛れて目立たなくなっています。おいしいです。
    おいしいだけに、グランマルニエが加わっていれば臭さが消えていたのではないかと思えてしまいます。
    実際のところどうなのかはわかりませんが、次に焼くときには試してみても良いかも・・・
    はい。まだまだ残っていますよ。

    ・・・消費期限2014年11月ですが。
    実はというか、やっぱりというか、これ作ったらほどほどに満足しちゃったんですよね。勝った気になって。
    もうすっかり存在を忘れていました。この写真を整理して思い出したくらいです。
    それで期限を確認したら、とっくに切れていたと。
    ま、使いますけどね!(胃腸の弱い方、味覚の敏感な方は真似しないで下さい)


    ・そして第四章へと続く・・・かもしれない。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。