スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    コーンフラワーパウンド研究中です

    2015.04.16.Thu.18:18
    クルミとチーズのコーンパウンド

    なんとなく小麦粉を使わないケーキを作ってみたくなったので、目に付いたコーンフラワーでパウンドケーキを焼いてみました。
    チーズを入れたので焼き色もキレイですし、味はよかったのですが・・・

    口の水分を全部持って行かれました。

    ・・・いや、この時のこともあったので予想はしていたんですけどね。
    だからアーモンドプードルも加えたんですけどね。
    無駄な抵抗でした。コーンフラワー、結構な強敵です。
    おやつ食べる時なんて普通は飲み物も一緒に出てくるだろうからいいかなー? とか一瞬だけ考えましたが、多分これ飲み物一緒でも小さなお子さんとかお年寄りとか、だいぶキツイと思います。
    なので、今度はアーモンドプードルを増やした上で水分も加えて調整してみようかなと。
    とりあえず、上のパッサパサパウンドの分量だけメモさせてください。
    紙のメモだとすぐなくすんで・・・すみません。
    口内の水分に自信のある方は、再現してどんだけパッサパサになるか試しても良いと思いますが、責任は持てませんのであしからず。


    コーンフラワー80/アーモンドプードル20/バター100/砂糖100/くるみ60/シュレッドチーズ40/卵L2/BP小1/170℃40分


    スポンサーサイト

    いちごシフォンが焼き縮みました

    2015.02.24.Tue.23:31
    焼き縮みいちごシフォンケーキ

    広告の品で爆安だったいちごを買ったら、半分近くが傷モノあるいは痛みかけでした。
    そんなもんですよねー。
    勿体ないのでダメそうな部分だけ切り落として、残りは手動でジュースにしてやりました。
    で、せっかくなので果肉を除いた80ccだけ使ってシフォンケーキなど焼いたわけです。
    牛乳をいちごジュースに換えた以外は、いつものプレーンシフォンと同じです。
    同じ・・・だったはずなのですが・・・オーブンの設定をミスっていた様で、激しい焼き縮みが!
    色がグレーなのは想定内なので気にしませんが、ここまでひどい焼き縮みは久しぶりです。
    水分がちょっと多めなのも効いているんだろうなあ・・・
    果肉を除いたつもりでも、水や牛乳に比べたら重いだろうしなあ・・・
    考えられる失敗要因はいくらでもあるので、しばらく研究してみようかなと思います。
    ついでに色もキレイにでるようにして、レシピ完成させようかなと。
    とはいいつつ、私はいつも気が向いた時にだけしかやりませんし、他にもたくさん試したいものはあるので、完成はいつになるのかまったくの未定です。
    いちご高いですしね(1パック400円でも我が家には高い・・・)また安売りに出会えるのを待ちます。

    ちなみに味は大変よろしゅうございました。焼き縮みしていない部分だけで言えば。

    お月見団子を作ってはみたものの・・・

    2014.09.08.Mon.22:17
    餡子入り南瓜白玉

    本日は中秋の名月ということで、私にしては大変珍しく季節のおやつなどこさえてみました。
    そのせいではないとは思いますが、月がどこにあるかもわからないような夜を迎えてしまいました。
    ・・・私のせいではないはずです。多分。おそらく。きっと。

    それはさておき、作ったのは餡子入りの南瓜白玉団子です。
    ですが、時間がない時にぶっつけ本番で作ってしまったためイマイチな出来に。
    何がイマイチって、見た目が!
    丸くないし、表面ぼこぼこだし、写真では見えない部分に至っては餡子がはみ出てる始末です。
    味は悪くはないものの、もうひとつパッとしない感じでした。
    これは来年を待たずして再チャレンジしたいところ。
    やはり餡子を包むなら上新粉を使って、茹でずに蒸した方が確実かなあ・・・
    しかし、白玉粉の手軽さは捨てがたいですし。
    もう少し考えてみることにします。

    ロールケーキ失敗作

    2013.11.14.Thu.16:41
    つぶれたロールケーキ

    先日、旦那からリクエストがあって、ロールケーキを作りました。
    5~6年前に一度作った記憶を頼りに頑張ったのですが、見事にひしゃげてしまいました。
    おそらく原因は、旦那が「これ食べてみたい」ってカゴに入れた低脂肪ホイップを使ったことだと思います。
    ホイップしている段階で緩かったんですよ、明らかに。
    後で確認したら、低脂肪なので緩めの仕上がりになりますってパッケージにも書いてありました。
    スポンジはすごく美味しくできたので、次はちゃんとした純生クリームで作りたいです。
    忘れないように、スポンジのレシピだけ残しておきます。

    MEMO
    ◎卵 ---3個(M寸) ◎砂糖 ---50g ◎薄力粉 ---60g ◎無塩バター ---20g ◎牛乳 ---大さじ1
    型は25cm×30cmアルミバットを使用。
    共立て。180℃で15分弱焼く。


    ホワイトガトーショコラができるまで

    2013.11.05.Tue.12:18
    ホワイトガトーショコラ

    いびつなスポンジケーキのようですが、ガトーショコラです。レシピは昨日の記事にあります。
    今日はホワイトガトーショコラが完成するまでの失敗談とかをダラダラ書きます。
    特に面白いエピソードがあるわけではありませんが、興味のある方は少しおつきあい下さい。

    ガトーショコラ(普通の黒いやつ)を作ったことのある人なら、まあ考えますよね。
    「次はホワイトチョコで作ってみよう」
    私もそんな軽い気持ちがきっかけでホワイトガトーショコラを作ることにしました。
    ネーミングを「ホワイトガトーショコラ」にするか「白いガトーショコラ」にするかで半年くらい悩んだりもしましたが、最初に作ったレシピはノーマルのガトーショコラ(すみません、過去レシピ整理中につき現在非公開です。近いうちに再投稿します)のチョコレートをホワイトチョコレートに置き換えただけのものでした。
    ココアパウダーは白ココアが手に入らなかったのでスキムミルクにしました。
    ……甘さとミルク臭さがくどかったです。味見役の旦那も首をかしげる微妙さ。
    それと焼き色がつきすぎて「白い」ガトーショコラじゃないような気がしたので、次は焼き途中で上にアルミホイルをかぶせる作戦にしました。
    ……生焼けになりました。
    どうもうちのオーブンは途中で蓋を開けると温度が一気に下がって、元の温度に戻るまでに膨大な時間がかかるようなのです。あと元々上火が弱い。
    では低温でじっくり焼く作戦はどうだろうと実行してみました。
    ……生焼けではない状態になる頃には焼き色がついていました。それでいて食感もぐんにょり。
    しっとり濃厚なガトーショコラは美味しいですが、そういうのではなく柔らかいゴムのようなぐんにょり感。
    スキムミルクを抜いたせいか味もなんかぼけてる。
    そうこうしているうちにホワイトチョコの残量が120gになっていました。
    ガトーショコラには100gずつ使っていたので、次に作ると残りが20gになってしまいます。
    それは使いにくいから、じゃあ全部入れるか!
    その分砂糖を減らして、焼き色は気にせず後から粉糖をかけて白くしよう!!
    そうしてできたのが、今回のホワイトガトーショコラです。
    しっかりホワイトチョコの味がして、食感もほどよくしっとりしています。
    旦那の評価も「結構好きな感じ」と最大級(これでも最大)の褒め言葉をいただきました。
    そんなわけですごく苦労したわけではありませんが、私なりに頑張ったのでぜひ作ってみて下さい。

    ところで完全に成功した流れになっていますが、実は失敗もあったのです。
    このトップの写真やレシピ内ではうまいこと(?)隠してますが、よく見ると
    端がハゲている・・・
    右側の上部がベロっとハゲています。
    型から外すときに失敗しました。
    粉糖でごまかせるとか思った自分がおろかでした。まったく隠れていません。
    このツメの甘さがえころんクオリティ・・・。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。