スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    チョコチップクッキーをつくりました

    2014.02.28.Fri.12:01
    チョコチップクッキー

    cottaのお菓子教室の第4弾はチョコチップクッキーになりました。

    レシピでは卵1/2個とあったのですが、残った卵の使い道に困るので卵黄1個で作ってしまいました。
    そのせいかはわかりませんが、ちょっと成形しにくかったです。
    普段チョコチップクッキーといえばステラおばさんのが大好きな私は、家でもそれを自分用にアレンジしたやつばかり作っていました。
    久しぶりに砂糖の少ないチョコチップクッキーを作ったので、ちょっと楽しかったです。
    ただ、甘さ控えめ(我が家比)だと食べすぎてしまいますね・・・すごい勢いで消費されていきました。
    それだけ美味しかったということで。

    なんか、3/31までに投稿すれば100ポイントもらえるらしいので、ちょっと頑張ってみようかと思ってます。
    コンプリートは無理なので、できそうなものだけ。


    スポンサーサイト

    鶏胸肉のローズマリー蒸しのつくりかた

    2014.02.26.Wed.15:25
    鶏胸肉のローズマリー蒸し

    鶏の胸肉をローズマリーと一緒に電子レンジでチンしました。
    GABANスパイスのレシピモニターをしていた時に作ったものなのですが、テーマが「おうちパーティ」「冬のごちそう」みたいな感じだったので、それっぽい盛りつけを考えている間に期間を過ぎてしまいました。
    お好きな野菜を添えたり、パンに挟んだりすると良いと思います。
    総カロリーは575kcalでした。

    材料 1~2人分
    ◎鶏胸肉 ---1枚(約300g)
    ☆乾燥ローズマリー ---小さじ1
    ☆白ワイン ---大さじ1
    ☆塩・コショウ ---少々

    作り方
    鶏胸肉のローズマリー蒸し【下味をつける】
    【1】鶏肉にフォークで穴をまんべんなくあけ、☆の材料をまぶす。
    【2】耐熱皿に鶏肉を乗せてふんわりラップをし、電子レンジの500wで3分、上下を返して3分加熱する。
    【3】あら熱が取れるまで放置しておく。
    【4】食べやすい大きさに切って皿に盛る。

    余談
    本当はこれに合わせるためのバジル入りマヨソースを作っていて、それがまたすごく美味しくできたのですが、レシピが行方不明でして・・・。もう二ヶ月も前に作ったレシピなんて思い出せるはずもなく、また機会があったら同じようなの作ってみます。メモどこいっちゃったんだろうなあ。


    さくほろバタークッキーのつくりかた

    2014.02.25.Tue.00:55
    さくほろバタークッキー

    いつものしっかり焼いた自分クッキーも好きですが、実は森永のムーンライトが大好物な私。
    今回はそれを目指して口当たりの滑らかな「さくほろ」クッキーを作ってみました。
    コーンスターチで滑らかさを、卵黄2個でコクをプラス。
    丸めて潰すだけの成形なので、クッキーの抜き型がなくても大丈夫です。
    総カロリーは1768kcal(1枚約59kcal)、材料費は約342円でした。

    材料 約30枚分
    ◎卵黄 ---2個分
    ◎無塩バター ---100g
    ◎砂糖 ---60g
    ◎塩 ---軽くひとつまみ(0.5g)
    ◎バニラオイル ---5~6滴
    ◎薄力粉 ---100g
    ◎アーモンドプードル ---30g
    ◎コーンスターチ ---30g

    下準備
    ・・・卵とバターを常温に戻しておく。
    ・・・粉類は合わせてふるっておく。

    作り方
    さくほろバタークッキー【バターと砂糖を混ぜる】
    【1】バターをクリーム状になるまで練り、砂糖を2~3回に分けて加えながらすり混ぜる。
    さくほろバタークッキー【卵黄をひとつずつ加える】
    【2】卵黄をひとつずつ加え、その都度しっかりと混ぜ合わせる。
    さくほろバタークッキー【塩とバニラオイルを加える】
    【3】塩とバニラオイルも加えて混ぜ合わせる。
    さくほろバタークッキー【粉を加えて混ぜる】
    【4】ふるっておいた粉を加えてさっくり切るようにしながら混ぜ、少し粉っぽさが残るくらいで止める。
    さくほろバタークッキー【平らにのばす】
    【5】ビニール袋等に入れ、薄くのばして冷蔵庫で1時間寝かせる。
    【6】オーブンを170℃に予熱する。
    さくほろバタークッキー【丸めて並べる】
    【7】小さじ大盛り1くらいずつを取って丸め、オーブンシートを敷いた天板に並べる。
    さくほろバタークッキー【押しつぶす】
    【8】丸めた生地を手のひらで押しつぶすようにして広げる。
    さくほろバタークッキー【焼き上がり】
    【9】170℃のオーブンで15~20分ほど、ふちが色づいてくる位まで焼く。

    改善案
    卵黄2個分だと敷居が高いレシピな気がするので、卵黄1個でもそれっぽくならないか検討中です。
    あと見た目ですが、素手で押しつぶす成形だと人にプレゼントするには向きませんね。普通に型抜きしたり、棒状に伸ばしてカットする方法の方が市販品に近くなるかもしれませんし、受け取る側としては抵抗が少ない気がします。




    フィナンシェをつくりました

    2014.02.20.Thu.12:21
    フィナンシェ

    年末あたりから焼いたものが溜まっているのですが、ソチオリンピックを観るのに忙しくてなかなか更新ができません。
    これもそんなひとつ、cottaのお菓子教室の第3弾のフィナンシェです。
    順番でいうと次はグレープフルーツゼリーとなっているのですが、まだ季節じゃないのと、冷蔵庫に卵白が残っているのとで、こちらを先に作ることにしました。
    相変わらず専用型がないので形が違います。フィナンシェの由来を考えると、形が違ったら別の呼び方をするべきなんじゃないかと思うことがありますが、そのあたりは気にしたら負けですかね。

    これ、いつも自分で焼いてるレシピより美味しかったです。
    なので自分レシピはいったん下げます。
    焼き方を変えたせいもあるかもしれないので、そのあたりも含めてレシピ調整しようと思います。
    美味しいレシピに出会えると嬉しくなりますね。
    やっぱりたまには自分以外のレシピを試してみるのが良いなと思いました。

    しかし、もたもた更新している間にポイントがもらえなくなってしまったようなのです。
    この他に2つほど、すでに作ってしまったレシピがあるので、その分は更新しますが・・・そこから先を続けるかどうかは悩んでます。
    お買い物に使えるポイントが目当てで始めたからなあ。


    ココナッツマカロンのつくりかた

    2014.02.08.Sat.22:33
    ココナッツマカロン

    マカロンと言っても丸くてカラフルなやつではありません。
    カリカリに焼いた卵白とココナッツの食感が美味しいクッキーです。
    混ぜて焼くだけなので、余った卵白の消費にオススメです。
    カロリーは全部で873kcal、材料費は約160円でした。

    材料 約30個分
    ◎卵白 ---1個分(L寸)
    ◎砂糖 ---50g
    ◎ココナッツファイン又はココナッツロング ---70g
    ◎アーモンドプードル ---20g
    ◎シナモンパウダー ---小さじ1弱

    下準備
    ・・・卵白を温めるための湯(60℃以下)を用意しておく。
    ・・・オーブンを150℃に予熱しておく。

    作り方
    【1】ボウルに入れた卵白をかきまぜてコシをしっかり切る。
    ココナッツマカロン【卵白と砂糖を混ぜる】
    【2】砂糖を加えたボウルを湯にあてながら、砂糖が溶けて白くなめらかになるまで混ぜる。
    ココナッツマカロン【残りの材料を加えて混ぜる】
    【3】湯から外し、アーモンドプードルとシナモン、ココナッツを加えて均等になるまで混ぜ込む。
    ココナッツマカロン【三角錐とか山を作る感じで形を作る】
    【4】小さじ1程度を取り、オーブンシートを敷いた天板に並べて形を整える。※
    ココナッツマカロン【焼き上がり】
    【5】150℃のオーブンで25分、100℃に下げて15分ほど焼く。
    【6】天板に置いたまま冷ます。

    補足
    ※【4】写真がわかりづらいですが、上の方をつまんでとがらせています。手に卵白をつけると成形しやすいですが、そのために卵白を用意するのは勿体ないので、私は気合いで頑張ってます。面倒なら成形無しでも大丈夫です。

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。