スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    贅沢チーズケーキのつくりかた

    2015.02.28.Sat.23:09
    贅沢ベイクドチーズケーキ

    クリームチーズをいつものチーズケーキの倍量使った、「我が家にしては」贅沢なチーズケーキです(笑)
    ボトム用にビスケットを焼くのも面倒だったので、粉砕したナッツを使いました。これも贅沢です。
    総カロリーは3566kcal、材料費は約1370円でした。
    ちょっと高いですが、12ピースに切り分ければ1つ114円ですので、ケーキ屋さんで買うよりはずっと経済的かと思います。100円ケーキよりは美味しいと思いますし。多分。

    材料 18cmスクエア型
    ◎クリームチーズ ---400g
    ◎砂糖 ---80g
    ◎卵 ---2個(L寸)
    ◎生クリーム ---120cc
    ◎レモン汁 ---30cc
    ◎薄力粉 ---50g
    ☆お好みのナッツ ---計130g※
    ☆無塩バター ---50g
    ☆メープルシロップ ---20g

    下準備
    ・・・クリームチーズと卵は常温に戻しておく。
    ・・・薄力粉はふるっておく。
    ・・・オーブンは180℃に予熱しておく。

    作り方
    贅沢チーズケーキ【ナッツを砕いて敷き詰める】
    【1】ナッツを砕いて溶かしたバター、メープルシロップと合わせて混ぜ、型の底にしっかりと敷き詰める。
    贅沢チーズケーキ【全て混ぜ合わせた状態】
    【2】クリームチーズが柔らかくなるまで練り、砂糖を加えてよくすり混ぜる。
    【3】卵をひとつずつ加えて混ぜていく。
    【4】生クリーム、レモン汁、薄力粉を順に加え、その都度しっかり混ぜる。
    贅沢チーズケーキ【型に流して平らにならす】
    【5】型に流し入れて平らにならし、型を10cmほど持ち上げて落とす(空気抜き)
    【6】180℃のオーブンで30分、160℃に下げて更に30分焼く。焼き上がってもオーブンから出さずにそのまま1~2時間おいてゆっくりと冷ますようにする。
    贅沢チーズケーキ【時間が経つと内側が凹む】
    【7】冷めたら冷蔵庫に移し、できれば一晩寝かせる。

    補足
    ※ボトム用のナッツはお好みでクッキー又はビスケット130gで代用しても良いと思います。




    スポンサーサイト

    いちごシフォンが焼き縮みました

    2015.02.24.Tue.23:31
    焼き縮みいちごシフォンケーキ

    広告の品で爆安だったいちごを買ったら、半分近くが傷モノあるいは痛みかけでした。
    そんなもんですよねー。
    勿体ないのでダメそうな部分だけ切り落として、残りは手動でジュースにしてやりました。
    で、せっかくなので果肉を除いた80ccだけ使ってシフォンケーキなど焼いたわけです。
    牛乳をいちごジュースに換えた以外は、いつものプレーンシフォンと同じです。
    同じ・・・だったはずなのですが・・・オーブンの設定をミスっていた様で、激しい焼き縮みが!
    色がグレーなのは想定内なので気にしませんが、ここまでひどい焼き縮みは久しぶりです。
    水分がちょっと多めなのも効いているんだろうなあ・・・
    果肉を除いたつもりでも、水や牛乳に比べたら重いだろうしなあ・・・
    考えられる失敗要因はいくらでもあるので、しばらく研究してみようかなと思います。
    ついでに色もキレイにでるようにして、レシピ完成させようかなと。
    とはいいつつ、私はいつも気が向いた時にだけしかやりませんし、他にもたくさん試したいものはあるので、完成はいつになるのかまったくの未定です。
    いちご高いですしね(1パック400円でも我が家には高い・・・)また安売りに出会えるのを待ちます。

    ちなみに味は大変よろしゅうございました。焼き縮みしていない部分だけで言えば。

    ローストナッツをつくるメモ

    2015.02.22.Sun.01:33
    アーモンドホールのロースト

    焼き菓子に混ぜ込んだりサラダやパスタにトッピングしたりと、何かと使うナッツ類。
    私は基本的にローストしてから使います。
    ローストすると香ばしさが加わり風味がアップしますし、余計な水分が抜けて食感が良くなるからです。
    菓子に使う時は生のまま生地に混ぜ込んで焼いても加熱はされますが、やはり先にローストした方が美味しいと思うのです。
    ちなみに生のナッツをそのまま食べるのは危険ですので止めてくださいね。
    生で食べていると言っている人も、実はそれなりに手を加えて(水に浸けたりとか)しているはずですので。
    と、話がずれましたが、今回はナッツのロースト用のメモです。
    今でこそ当たり前にナッツをオーブンに放り込んでいる私ですが、もちろん何も知らない時がありました。
    初めてアーモンドを使ったお菓子を焼こうと思って他の人のレシピを見たときには愕然としたものです。

    オーブンの何℃で何分ローストすればいいか全然わからない!

    レシピの隅っこにでも書いておいてくれる人がほとんどいなかったのです。
    私が買ったアーモンドの袋には「加熱してご使用ください」と書いてあるのに!
    みんなが使っているアーモンドは加熱済みなの?
    だってローストナッツって高いよね??このブルジョワ共め!!!!
    ・・・すみません、そんなことは思っていません。少しだけしか。
    きっとレシピを書いている皆さんにとっては当たり前のことなので、わざわざ表記する必要はないと思われていたんですよね。
    でも、本当に書いてあるところが少なくて、当時の私は必死で情報を探したものです。
    結局レシピサイトやブログではなく、質問サイトやまとめサイトなどの情報を元に、ちょっとずつ自分で試すしかありませんでした。
    そんなわけで、当ブログのレシピでローストが必要な場合には「何℃で何分ローストする」と書かせていただいているのです。
    まあ、結局はオーブンによるので目安でしかありませんけどね・・・。

    以下はその「目安」をまとめたものです。
    もしかしたらレシピ関係なく、この情報だけ知りたい人もいるかもしれませんし。
    何より、私自身が(割と頻繁に)ド忘れしたときにレシピを検索して探さなくて良いですからね!
    自分用メモがこのブログのそもそもの存在理由です。
    種類や写真など、適宜追加していくつもりです。新しいものを扱ったときとか・・・。


    ■クルミのロースト
    くるみのロースト
    160℃で10分くらい。
    クルミは簡単に手で割ることができるので、少量を粗く刻むレシピの時は手でポキポキ割っちゃった方が早いし、洗い物もなくて済みます。

    ■アーモンドホールのロースト
    アーモンドホールのロースト
    150℃で15分くらい。
    途中、10分くらいで取り出し全体をざっと混ぜて熱の通りを均等にしてあげると良いです。
    混ぜるときはアーモンドが熱くなっているので軍手が便利です。

    ■アーモンドスライスのロースト
    アーモンドスライスのロースト
    150℃で10分くらい。
    サラダのトッピング等で焼き色が欲しいときは170℃くらいまで上げると色づきます。
    天板に重ならない様に広げるのが地味に面倒ですので、これはフライパンの方が良いかもしれません。

    ■カシューナッツのロースト
    160℃で10分くらい。
    滅多に使わないので、ちょっと自信ないです・・・。


    最後になってしまいましたが、オーブンがない方や鼻に自信のある方、混ぜ続けるのが苦にならない方は弱火にかけたフライパンで香りが出るまで炒れば良いと思います。
    私はこの「香りが出るまで」の曖昧さが苦手なのと、ローストしている間に他の材料の計量ができる手軽さが好きでオーブン派です。


    cuocaチョコマフィンミックスを使ってみました【前編】

    2015.02.13.Fri.01:01
    オレンジピール入りココアマフィン

    バレンタイン前日となりましたが、今回はクオカさんのチョコマフィンミックスを試してみました。
    まあ、実際に試したのは去年のバレンタインくらいの時期なんですけどね!
    写真整理してたらいくつか作ったやつがでてきたので、まとめて感想など残しておこうかなと思いまして。
    以下、似た様な写真が続きますが、別の日に撮った、別のマフィンです。


    ・第一章 ~最初にして最大の敵登場~
    レシピ通りのチョコマフィン
    まずはパッケージに書いてある通りの材料・分量で、そのまま作ってみました。
    卵と水と油と粉をボウルにじゃんじゃん入れて混ぜるだけ!
    とっても簡単に、ふっくらマフィンが焼けました。
    多分、焼く時間含めて30分くらいしかかかってません。
    食べたくなったらすぐ作れる手軽さは、さすがのミックス粉です。
    65ml程度のマフィンカップで6個作れました。
    そして肝心なお味ですが・・・うん。ミックス粉の味がします。
    香料ですかね?独特の、人工的な香りがすごく強いです。正直、苦手です。
    香りが・・・強すぎて(臭いと書きたいのをこらえてます)味がよくわかりません。
    これはさすがに、食べたくなっても作りたく、ない、です。すみません。
    しかし、手元に届いたミックス粉は1kg。まだ残っているのです。
    ミックス粉とはいえ、れっきとした食べ物。食べ物は粗末にしてはいけません。
    私はどうにかこれを食べきらねばならないのです。
    見てろよ、オレは必ずオマエをおいしく調理して、克服(倒)してみせる!!
    こうして私のクオカチョコマフィンミックス探求の旅が始まったのでした。

    あ、ちなみに臭くて(書いちゃった)食べられないのは私だけで、旦那は「ちょっと気になる程度で普通に食べられるよ」とのことです。
    当たり前ですが、どうやら個人差があるようです。


    ・第二章 ~ほかほかチョコチップはうまい~
    チョコチップ入りココアマフィン
    とりあえずクオカさんのページにあるクチコミを参考にします。
    粉の一部をアーモンドプードルにして、水を牛乳にすると良くなるようです。
    参考になったクチコミには、惜しみなく「参考になりましたか? はい」をポチります。ありがとうございます。
    200g使う粉のうち20gをアーモンドプードル、水を牛乳に換えてみました。
    ついでにチョコチップを追加します。
    メモを残さなかったので正確には何グラム入っているかわかりませんが、多分50gくらいだと思います。
    そして焼きたてを食します。半溶けのチョコチップうめー!
    焼きたてマフィンは温かくて柔らかくてチョコが半溶けで(板チョコだと全溶けでドロドロになっているので違う。それはそれで美味しいですが)とっても幸せになれます。
    え?匂いですか?香料臭いです。
    でも、レシピ通りに作るよりはなんぼかマシでした。食べられます。チョコチップがあれば。
    チョコチップをむさぼりながら考えたのは、おそらく匂いを消すのは無理なので、もっと香りの強いものを加えてごまかすのが正解なのかなあということでした。


    ・第三章 ~秘技・mottai-nai発動!~
    オレンジピール入りココアマフィン
    そんなわけで前回に引き続き水を牛乳に、アーモンドプードルは30gに増やし(ミックス粉は170g)、刻んだオレンジピールを60gほど加えてみました。
    オレンジの香りで香料臭さを和らげよう作戦です。
    オレンジつながりでグランマルニエでも入れれば、もっと良かったと思うのですが・・・一丁前にちゃっかり常備はされているのですが・・・ほらアレってちょっとお高いじゃないですか。
    なんというか、その。出し惜しみしました!すみません!!
    使わなきゃ意味がないのに勿体なくて使えないのは、私の貧乏性のなせる技です。
    結果として、やっぱり使ってみればよかったなあというのが正直なところ。
    ですが!なくても充分美味しい!!
    アーモンドプードルを増やした(ミックス粉を減らした)のも効いていると思うのですが、やはり功労者はオレンジピールだと思います。
    香料がオレンジの香りに紛れて目立たなくなっています。おいしいです。
    おいしいだけに、グランマルニエが加わっていれば臭さが消えていたのではないかと思えてしまいます。
    実際のところどうなのかはわかりませんが、次に焼くときには試してみても良いかも・・・
    はい。まだまだ残っていますよ。

    ・・・消費期限2014年11月ですが。
    実はというか、やっぱりというか、これ作ったらほどほどに満足しちゃったんですよね。勝った気になって。
    もうすっかり存在を忘れていました。この写真を整理して思い出したくらいです。
    それで期限を確認したら、とっくに切れていたと。
    ま、使いますけどね!(胃腸の弱い方、味覚の敏感な方は真似しないで下さい)


    ・そして第四章へと続く・・・かもしれない。

    ショコラマドレーヌのつくりかた

    2015.02.08.Sun.22:08
    ショコラマドレーヌ

    ココア味のマドレーヌにチョコチップを混ぜ込みました。
    行程写真が無くてすみません。でも混ぜるだけですので、無くても大丈夫だと思います。
    写真1個分のカロリーは220kcal、総材料費は約350円でした。

    材料 直径7cm菊型6個分
    ◎無塩バター ---70g
    ◎はちみつ ---大さじ1
    ◎卵 ---1個(L寸)
    ◎砂糖 ---40g※
    ◎アーモンドプードル ---10g
    ◎薄力粉 ---45g
    ◎ココアパウダー ---15g
    ◎ベーキングパウダー ---小さじ1/4
    ◎チョコチップ ---40g

    下準備
    ・・・卵を室温に戻しておく。
    ・・・薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
    ・・・バターと蜂蜜を電子レンジか湯煎で溶かしておく。

    作り方
    【1】溶き卵に砂糖を加え、泡立てないように混ぜ合わせる。
    【2】アーモンドプードルを加えて混ぜ合わせる。
    【3】ふるった粉類を加え、粉が見えなくなるまで混ぜる。※
    【4】溶かしたバターと蜂蜜を少量ずつ加えて混ぜ合わせる。
    【5】チョコチップを加えて混ぜ合わせる。
    【6】ラップをして冷蔵庫で1時間~ひと晩休ませる。
    【7】オーブンを180℃に予熱する。
    【8】型の8分目くらいまで生地を入れて空気抜きをし、15分ほど焼く。※
    【9】型から外してあら熱を取り、1つずつラップ等に包む。※

    補足
    ※【材料】上白糖より粉糖の方が混ぜやすいのでおすすめです。
    ※【3】混ぜすぎると堅くなってしまうので気をつけて下さい。
    ※【8】写真のような浅くて平らな型に入れると出べそにならないので、ぽっこりおへそが欲しい方は少し深さのある型を使うと良いと思います。
    ※【9】シリコン型の場合、温かいうちに外そうとすると崩れる可能性があります。形によりますが、完全に冷めてから外した方が安全かもしれません。

    改善案
    製菓用のチョコチップだと食べたときに粒が口に残る感じになるので、刻んだチョコを混ぜ込んだ方が良いかもしれません。そのうち試してみます。




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。