スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    フィユタージュ・ラピッドのつくりかた

    2013.11.15.Fri.21:07
    フィユタージュラピッドを使った三角パイ

    バターを細かくしてから織り込む、即席の折パイです。
    ちゃんとした折パイには叶いませんが、それなりに層も出ますし、バターの風味も美味しいです。
    伸ばし方や折り方はまだまだ研究中ですが、ひとまずこの配合で形にしていきたいです。
    とにかく冷やして冷やして、冷たいうちに作業をするのがポイントです。

    材料
    ◎強力粉 ---125g
    ◎薄力粉 ---125g
    ◎無塩バター ---150g
    ◎水 ---120~130cc
    ◎塩 ---小さじ1/2

    下準備
    フィユタージュラピッド【バターを刻む】
    ・・・バターを1cm角に切り、冷蔵庫で冷やしておく。
    ・・・強力粉と薄力粉を合わせてふるい、冷蔵庫で冷やしておく。
    ・・・水に塩を加えて溶かし、冷蔵庫で冷やしておく。

    作り方
    フィユタージュラピッド【粉とバターを混ぜる】
    【1】バターを細かく切りながら、そぼろ状になるまで粉をまぶすように混ぜていく。
    フィユタージュラピッド【塩水を加えて混ぜる】
    【2】塩水を加えて練らないように混ぜ、軽くまとめる。※
    フィユタージュラピッド【ビニール袋に入れる】
    【3】ラップで包むかビニール袋に入れて、冷蔵庫で1晩休ませる。※
    フィユタージュラピッド【伸ばす】フィユタージュラピッド【3つ折にする】

    【4】麺棒で長方形になるように伸ばし、真ん中に向かって3つ折りにする。※
    【5】90度回転させて同じように伸ばし、また3つ折にすることを4回繰り返す。※
    【6】冷蔵庫で1時間以上休ませてから使う。

    補足
    ※【2】耳たぶくらいの固さを目安に、水は100cc位から様子を見つつ加えていって下さい。
    ※【3】時間が無くても、最低2時間は休ませた方が良いと思います。
    ※【4】最初のうちは伸ばしたフチがボロボロだったり、バターの固まりが丸見えだったりしますが、繰り返すうちにキレイになっていきます。打ち粉(強力粉)をすると扱いやすくなりますが、私はあまり好きではないのでシリコンマットとラップで頑張ってます。
    ※【5】最初の1回と合わせて、全部で5回伸ばして折ることになります。1~2回ごとに冷蔵庫で30分~1時間程度休ませると良いです。

    改善案
    作業スペースが狭いので、半量の方がやりやすい気がしてます。
    あと、次作るときには最後の写真を取り忘れないようにします・・・肝心な所が無くてすみません。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。