スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    塩「ひとつまみ」について

    2013.12.09.Mon.11:27
    ちょっと塩レシピに行き詰まった感があるので、今日は脱線して塩の分量のお話など。

    私がレシピを作るときにいつも引っかかるのが「塩の分量」です。
    よく見かけるのは「塩ひとつまみ」とか「塩少々」とか・・・これって随分と曖昧な表現ですよね。
    調べてみると「少々」は親指と人差し指の2本でつまんで約0.5g、「ひとつまみ」は親指・人差し指に中指を合わせた3本でつまんで約1gといったところが基本のようです。
    でも、私が自分で使っている感覚だと、そんなに多くないような気がします。
    気がします、じゃなくて絶対!もっと少ない!!
    そう確信したので実際に計ってみることにしました。
    一応、気を遣って普段よりもたっぷりめにつまんで0.1g単位で計れるデジタルスケールを使います。
    何度か試した結果「少々」は0.2~0.3g、「ひとつまみ」は0.5gでした。
    ・・・うん、やっぱり少なかった!
    多分先に挙げた分量はプロの男性料理人さんの基本なのでしょう。
    男の人なら、指も太いですしね。きっと、私の倍くらい太くて長いに違いありません。
    そんなわけで、みなさんも(特に指が細めの女性は)ご自身の「ひとつまみ」を確認した方が良いです。
    そして(特にスイーツ系の)レシピを作るときにはできるだけグラム表記をお願いしたいです。
    私も気をつけるようにします。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。