スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ワインとレーズンでWぶどうシフォンのつくりかた

    2013.12.30.Mon.18:50
    ワインとレーズンでWぶどうのシフォンケーキ

    アップするのが遅れましたが、クリスマスに余った赤ワインをシフォンケーキにしました。
    刻んだレーズンを散らして、Wぶどうのシフォンです。
    赤ワインが苦手な方は、白ワインやグレープジュースでどうぞ。
    1ホールのカロリーは1334kcalでした。

    材料 17cmシフォン型
    ◎卵白 ---4個分(M寸)
    ◎卵黄 ---2個分(M寸)
    ◎砂糖 ---40g+20g
    ◎薄力粉 ---80g
    ◎赤ワイン ---70cc
    ◎サラダ油 ---50cc
    ◎レーズン ---50g

    下準備
    ・・・薄力粉をふるっておく。
    ・・・レーズンを細かく刻んでおく。
    ・・・オーブンを190℃に予熱しておく。

    作り方
    Wぶどうのシフォン【メレンゲを作る】
    【1】卵白に40gの砂糖を3回に分けて加えながら泡立て、堅めのメレンゲを作る。
    Wぶどうのシフォン【卵黄を混ぜる】
    【2】卵黄に残りの砂糖を加え、白くもったりするまで混ぜる。
    Wぶどうのシフォン【油を加える】
    【3】卵黄に油を少量ずつ混ぜながら加えていく。
    Wぶどうのシフォン【レーズンを加える】
    【4】レーズンを加えて混ぜ合わせる。
    Wぶどうのシフォン【ワインを加える】
    【5】ワインを加えて手早く混ぜ合わせる。
    Wぶどうのシフォン【メレンゲを1/3加える】
    【6】メレンゲの1/3を加えてしっかりと混ぜてなじませる。
    Wぶどうのシフォン【薄力粉を加える】
    【7】薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせる。
    Wぶどうのシフォン【残りのメレンゲを加える】
    【8】残りのメレンゲを半分ずつ加え、その都度卵白の固まりが無くなる位まで混ぜ込む。
    Wぶどうのシフォン【型に流し入れる】
    【9】型に流し入れて空気抜きをし、170℃に温度を下げたオーブンで40分ほど焼く。竹串を刺して生地がついてこなければ逆さにして冷ます。※

    補足
    ※失敗しないための詳しい手順はシフォンケーキのつくりかたにありますが、今回はワインということで、おまじない程度ですが水分を加えるタイミングを変えてあります。多分、普通の順序で混ぜても大丈夫だと思いますが。
    ※【9】型をトントン叩き付ける方法だとレーズンが沈みやすいので、竹串などを入れてクルクルする方法で大きな気泡を潰した方が良いと思います。

    改善案
    ワインの色がくすんでしまうのを阻止したくて、卵黄をひとつ少なくしてみたのですが、無意味でした。やっぱりグレーになっちゃいます。なので、次に作るときは普通に卵黄3個に戻すかも。あるいは、卵黄未使用のエンゼルケーキにするべきですかね。・・・と思っていたのですが、どうもグレーになるのは卵黄ではなく卵白が原因のような気がしてきました。もうちょっと勉強しなきゃだめですね(2014/3/14追記)
    レーズンはちゃんと刻めば沈まないので、もっと入れても良い気がしてます。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。