スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スティックパンケーキメーカー「roky」が届いてました・・・

    2014.09.02.Tue.07:58
    スティックパンケーキメーカー「roky」

    レシピブログさんのモニターの第10弾は、スティックパンケーキメーカー「roky」でした。
    でした、と過去形なのはすでにモニター期限が過ぎているからなのです。
    期限内に記事をアップできなかった理由はあまり気分が良いものではないので伏せておきますが、その節はレシピブログさんにはお世話になりまして・・・迅速で丁寧な対応に感激しました。
    それでどうにか頑張ってレシピを用意するところまではやったのですが、どうしても期限内に間に合わせることができませんでした。
    それでも、商品を受け取っておきながら何のレビューもレシピも出さないというのはあまりにも申し訳ないと思ったので、遅ればせながら記事を書くことにしました。
    そんなわけでいつものモニター記事とはちょっと形式が違いますが、お付き合いいただけると幸いです。

    届いた商品は上の写真の通り。
    本体とフタ、油を塗るためのスティックと洗浄用ブラシに焼くときに使う竹串です。
    まず使用前に洗ったのですが、ここでいきなり問題が!油用のスティックがポロっと分解!!
    壊したかと一瞬焦りましたが、もともと2つのパーツをはめ込んであるもののようで、旦那が力業で直してくれました(笑)
    それ以来、洗うときはそっと扱うようにしてます。
    本体はちょっと洗いにくいです。ブラシがあるので内部を泡で洗うのは簡単なのですが、すすぐときに電気周りを濡らさないようにするのに一苦労しました。
    拭くときにも布やペーパータオルを奥まで突っ込んで引っ張り出さないといけないので少し工夫が必要だったりと、この2点はややマイナスでした。
    でも、片手で簡単に扱える軽さやコンパクトなサイズは良かったです。どこに置いても邪魔になりません。

    スティックパンケーキ試し焼き
    そしてもちろん実際にパンケーキも焼いてみましたよ!
    予熱した本体に油と生地を入れたら放置して10分、ちゃんとパンケーキが焼けました。
    ひっくり返す手間もなく、生地が広がってぺしゃんこになることもなく、厚さがまばらになることもなく、それらが気になってパンケーキを焼かなかった身としては大変ありがたく素晴らしいです!
    竹串があるので、焼きたてのアツアツふわふわをそのまま食べることができるのも嬉しいポイントです。
    ただ、1本ずつしか焼けないのはちょっとつらいですね。
    200gのホットケーキミックスを全て焼き終えるのに、1時間くらいかかります。
    1人で食べるなら焼いた端から食べちゃえるからいいのですが、家族とか友達とかと食べるには厳しい気がします。
    数がそろうのを待つと、最初に焼いたのが冷めたり形が潰れたりしてしまうんですよね・・・。
    パンケーキは圧倒的に焼きたてが美味しいと思っているので、その点は残念でした。
    それから、ちょうど良い長さの竹串が近場では売っていないのは大変でした。
    短いものはたくさん売っているのですが、それだと本体の中に埋まってしまうため引っ張り出せません。
    あちこち探した結果、100円ショップのSeriaにあるものが(ちょっと長すぎますが)使えるかなというところに落ち着きました。
    焼き鳥用ではなく、バーベキュー用を探すといいかもしれません。

    あとは、何度か焼いてみて自分なりに美味しく焼くポイントなどをメモしておきます。
    油を直接流すより簡単だと思います
    油が少ないと生地が本体にくっついて抜けなくなることが多いので、油はやや多め(写真のように小さめの器を使ってひとすくい分くらい)が丁度良かったです。
    もし抜けなくなったら、別の竹串を脇から差し込んで、回しながらフチを一周させると抜けると思います。
    混ぜものが多いと焼き上がりで取り出す時に竹串だけが外れて抜けてしまうことがありますので、その場合は本体ごと逆さに傾けて滑り出すようにすると大丈夫でした。
    流し入れる生地の量は大さじ3強くらい(本体の真ん中やや上くらいまで)が丁度良い感じです。
    本体を熱するヒーターが上の方にないので、それ以上入れると上下で火の通りが違いすぎてしまいます。
    説明書には50ml程度とか書いてあったような気がしますが、わざわざ計りながら焼くのは面倒なので、本体に目安線などがついていれば良かったのにと思いました。
    焼き時間は水分量にもよると思いますが、個人的に7~8分くらいが好みです。
    今回作ったものの一部と、簡易レシピは追記に載せておきますね。

    今回作って、どうにか形になったものは以下の通りです。
    レシピは分量のみ記載。
    思い立ったらすぐ焼けるのがウリの商品だと思うので小麦粉からの配合ではなく、手軽なミックス粉を使ったレシピにしてみました。
    どれも7~8本くらい焼けます。棒たこ焼き以外は全て混ぜて焼くだけです。
    写真がどれも似通ってしまうのが厳しかったです。デコとか(やるのも食べるのも)苦手なので・・・。


    ▼黒糖レーズンパンケーキ
    ホットケーキミックス200g/卵1個(M寸)/牛乳150cc/黒糖30g/レーズン40g
    黒糖レーズンパンケーキ
    プレーンの次に焼いてみたのがこちら。
    ふわふわと言うより、しっとりもちもちな焼き上がりになりました。
    生地に混ぜ込んで焼いたところ、レーズンが沈んで偏ってしまったので、気になる方は黒糖生地とレーズンを交互に入れてみるか、レーズンを細かく刻んで混ぜ込むかすると良いと思います。

    ▼ココナッツパンケーキ
    ホットケーキミックス150g/卵1個(M寸)/ココナッツミルク150cc/砂糖30g/ココナッツファイン50g
    ココナッツパンケーキ
    牛乳の代わりにココナッツミルクを使ってみました。
    ココナッツファインが入るせいか焼き上がった生地がふわふわで、若干取り出しにくいかもしれません。
    その場合は本体ごと逆さにして、皿の上に滑り出すようにすると良いと思います。
    少し冷めれば大丈夫なので、食べるときには問題ないはずです。
    フルーツとの相性も良いので、センスのある方は可愛くデコってあげて下さい・・・私は諦めました。

    ▼メープルくるみパンケーキ
    ホットケーキミックス200g/卵1個(M寸)/牛乳150cc/メープルシロップ大さじ2/くるみ40g
    メープルくるみパンケーキ
    ココナッツと同様に焼き上がりがふわんふわんなので、取り出しにくいかもしれません。
    その場合はやはり同様に、本体ごと逆さにして取り出すと良いと思います。
    甘みが足りないと思ったら、追加でメープルシロップをかければ問題なしです。

    ▼小豆豆乳パンケーキ
    ホットケーキミックス200g/卵1個(M寸)/豆乳150cc/茹で小豆(又は甘納豆)40g/黒蜜(お好みで)
    小豆豆乳パンケーキ
    形にはなりましたが、あんまり美味しくなかったです。
    元々豆乳スイーツがあまり好きではないからだと思うのですが・・・好きな方もいるかもしれないと思って、レシピ出しておきます。
    黒蜜は写真よりたっぷりの方が美味しいです。または、大さじ2くらいを生地に混ぜ込んでも良いかと思います。

    ▼棒たこ焼き
    たこやき粉150g/卵1個(M寸)/水1カップ/茹でだこ100g/長ネギ・紅ショウガ計150g/ソース・マヨネーズ・青のり・かつおぶし等(お好みで)
    棒たこ焼き
    スティックパンケーキメーカーと聞いて、真っ先に思い浮かんで作りたかったものがこれです。
    タコ以外の材料を混ぜ合わせた生地を本体に流し入れ、串に刺したタコを(生地をまぶすように)回しながら押し込みます。
    ネギとショウガが大きいとタコにつっかえて失敗するので、みじん切りにして下さい。
    同じ理由で天かすは入れない方が成功率が上がります。
    入れても作れないことはないですが、難易度は上がります・・・入れた方が味は良いです・・・。
    中がとろとろの方が美味しいので、焼き時間は5分強くらい。
    串を引っ張ると串だけ抜けてしまうので、本体ごと逆さにして取り出してください。
    でもはっきり言って、食べづらいです。たこ焼き器がある方は、素直に丸いたこ焼き作った方が良いです。
    我が家にはたこ焼き器がないのでコレで。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。