スポンサーサイト

    --.--.--.--.--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    我が家の焼き型紹介

    2013.10.04.Fri.20:28
    初めてケーキを焼いた日からおよそ10年、ちまちまと買っていた道具達もそれなりの数になっていました。
    その中からまずは型について、使ってみた感想をまとめてみました。
    形だけでなく素材も様々ですので、購入や焼き時間などの参考になれば幸いです。

    ・耐熱ガラス製パウンド型(18cm)
    ガラス製パウンド型
    お菓子作りを初めて最初に買った型です。
    厚みと丸みがあって測りづらいのですが、18cm用レシピで問題なく作れるのでおそらく18cmでしょう。
    熱の通りが若干悪く、焼き時間はパウンドケーキで5~10分ほど、ミートローフなどは10~15分ほど長めに設定してます。
    ガラス製なので空気抜きや焼き縮み防止に高い位置から落とす時には下にタオル必須です(分厚いので、直に落としても簡単には割れないとは思いますが一応・・・)
    重いし場所を取るしで、はっきり言ってオススメできません。ですが長年使っているので愛着はあります。錆びませんし、割らない限りは一生使うでしょう。あ、あと角がまるいので洗いやすいです。

    ・スチール製シフォン型(17cm)
    スチール製シフォン型
    シフォンケーキが好きなので、我が家で一番使われている型です。
    何も知らずに買ったパウンド型がガラス製で苦労したので、シフォン型は少し調べて買いました。
    熱の通りはさすがに良く、ムラなくキレイに焼けます。
    ただ錆びる心配があるので、洗うときに型に付いた生地をふやかすため、長時間水につけておいたりはできません。錆びが気になる方はアルミ製が良いのではないかと思います。

    ・シリコン製ラウンド型(18cm)
    シリコン製ラウンド型
    チーズケーキやガトーショコラを焼きたくて購入しました。
    型紙を作りたくなくて、型離れの良いシリコン製を選択。ふちの部分をグニョっと裏返して外すのですが、ちょっとだけ慣れというか思い切りが必要かもしれません。
    ケーキの種類によっては逆さまにするだけで型から取れたりもしますが、スフレなどの柔らかいケーキだと型に生地が貼り付いてしまうこともあります。
    熱の通りが若干悪く、5~10分ほど焼き時間を延ばしてます。
    あと、側面にも底面にも焼き色がほとんど付かないので、見た目にこだわるならシリコンは避けた方が良いかもしれません。

    ・フッ素加工底取スクエア型(18cm)
    底取れスクエア型
    購入した目的は忘れてしまったのですが、四角いと型紙が作りやすいですし、焼き上がったケーキをキレイにカットしやすいので重宝しています。16等分や一口サイズも簡単です。
    型紙を作ってしまうので型離れの具合はわかりませんが、熱の通りは良いです。普通のレシピ通りに焼けると思います。
    注意点としてはラウンド型とは容量が違うので、同じ直径のラウンド型のレシピで焼くと厚みがペタンコになります。18cmスクエアなら、20cmラウンドのレシピで作るとちょうど良いはずです。

    ・シリコン製プチフール型(4cm)
    シリコン製プチフール型
    マドレーヌやフィナンシェを焼くのに、専用の型だとそれ以外に使えないなあ・・・と貧乏性が発動した結果、何にでも使えそうなプチフール型を購入することになりました。
    そのつど型にバターを塗って粉をまぶすのが嫌だったので、迷うことなくシリコンを選びました。
    小さい型がひとつずつバラバラになっているタイプは型から外すのも簡単で気に入ってます。
    ただ、シリコンなのでやっぱり熱の通りは若干悪いです。多くのレシピで5分ほど長く焼くことになります。
    洗うときもひっくり返せるので、細かい凸凹部分があっても簡単にキレイにできるので便利です。

    ・フッ素加工底取れタルト型(21cm)
    底取れタルト型
    タルトリングと表示があったのですが、底がついているので一般で言うタルトリングではないです。
    側面にヒダの付かないタイプです。
    油を塗る時や洗うときのラクチンさを考えてリング(もどき)を購入しました。
    型離れのよさを期待してフッ素加工を選んだのですが、スプレーオイルを吹きかけておいても底が余裕でへばりついてます・・・仕方ないので、シフォンナイフをつっこんで剥がしてます。

    ・紙製マフィンカップ(6cm×5cm 150ml)
    金型だと結局中に敷く紙が必要になりますし、シリコンカップだと手土産には向かない様な気がしたので、行き着いたのが紙型です。
    4cmの型6つ分のレシピだと、4~5つ分になる大きさです。
    紙型の欠点は、とにかく乾燥することです。うっかり焼き過ぎるとすぐにパサパサになってしまいます。
    それ以外は片付けも楽ですし、食べるときもそのままですし、扱いやすいです。


    とりあえず今のところはこれだけでケーキを焼いています。
    買うだけ買って、まだ使っていない型が2~3あるので、使ったら追記しようと思います。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。